スマホの画面が割れた!!こんなときどうしたらいいの?

スマホを落としたり、何かに当たった拍子に
液晶画面にヒビが・・・。こんなときどうしたら良いのでしょうか?
おそらくこれを調べている方は、何らかの原因で多かれ少なかれ
画面が割れている方だと思います。
こちらでは、スマホ画面が割れてしまった場合、
どういった対応をすればよいのか?について紹介しております。

スポンサーリンク

画面が割れた場合どうしたらいいの?

画面割れは、度合いによっては全く操作(タッチ)が利かない場合と
割れていても操作ができる場合があります。

これは、画面のガラス部分に目に見えないタッチセンサー
液晶とガラスの間にサンドイッチされていて、
画面が割れた時に、タッチセンサーが断線すれば
タッチが利かなくなり、断線していなければタッチができる
という仕組みになっています。

画面が割れても操作できる場合は、
スライドをしたときなどに引っ掛かりがなければ、
割れる前と同様に使用することは可能ですが、
見た目が悪いということと、ヒビが入った部分より
どんどんヒビが大きくなっていき、いずれは操作ができなくなる
可能性がありますし、ひび割れたガラスの破片が
指に刺さるということもあるようです。

ですので、少しのヒビであっても修理に出したほうが
今後のことを考えると無難かと思います。
といっても、ヒビが入った状態で使用されている方は
結構おられるみたいですが、上記のようなデメリットがある
ということは認識しておいたほうが良いでしょう。

ヒビが入り操作ができなくなっている場合は、
持っていても、操作ができないため早急に修理もしくは
買い替えるといった対応が必要になります。

ただし、買い替えるといっても、買ったばかりの場合だと、
支払いが残っている状態だと思いますので、
そうそうには買い替えはできないかと思います。

割れたスマホ

修理ってどうしたらいいの?

修理は修理キットを購入して自分で修理を行うか、
業者に頼んで修理をする方法があります。

まず、自分で修理をする方法ですが、
こんな修理キットがあります。

修理キットを見てみる

自分でスマホを分解していって、フロントパネルを交換していくのですが、
プラモデルなどを組み立てることができたら、できると思いますので、
自分で直そうと思われる方はこういったものもありかと思います。

なお、自分で修理するメリットとしては、
修理代に人件費がかからないため、修理に出すよりも安くで直すことができる
という点でしょうか。
デメリットとしては、手間がかかることと、不得手な人が行うと、
中の線が断線してしまったりして、使用不能になることがある
ということです。

ただし、コストを抑えるのであれば、自分で修理が断然安いですね。

ちなみにこんな感じで修理を行うことになります。

スポンサーリンク

修理に出すのは?

修理に出すのは、appleの場合だとapple care+に加入されている場合は、
購入から2年間までは7800円程度で修理が可能ですが、
未加入の場合は、15000円程度かかるようです。
また、apple care+ではなく、携帯会社によっては、
NTTドコモの場合ですと、ケイタイ保障サービス、
ソフトバンクの場合ですと、あんしん保障パック、
auの場合ですと、auスマートパス
というものに加入していると、修理代金は安くなるようです。

加入されていない場合は、正規店の場合ですと大まかに15000円程度かかると思ってよいかと思います。

加入されていない場合で、修理代金を安く収めたい場合は
正規会社ではなく、修理業者に依頼するのが良いかと思います。

その場合、修理会社にもよりますが、5000円~1万円前後で修理が
可能となっています。(iPhone4、5、6など機種によって変動します)
修理会社の場合は、お店に直接持ち込むか、宅配を依頼する形になります。

こちらのショップが広く展開されていますので、紹介しておきます。

iPhone修理あいさぽを見てみる

まとめ

スマホの液晶にひびが入った場合、
長い間使っていて、契約期間(割引サービス)がそろそろ
という場合は、新しく買い替えも良いかと思いますが、
買ったばかりや1年ほどしか経過仕手いないという場合は、
修理する形になるかと思います。

ひびが入ったけど支障なく使える
という場合であっても、そのまま使用し続けることで
ひびの範囲が広くなったり、見にくい、指のけがなど
様々なデメリットがあるので、できれば早めに修理するほうが
好ましいでしょう。

修理については、自分で修理するのも良いですし、
修理に出すのも良いかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA