セゾンブルーカードはどんな人がもつべき?メリットデメリットは?

セゾンパールアメリカンエキスプレスカードの
上位版に位置するセゾンブルーカードですが、
どのような人にこのカードは合うのか??
についてみていきましょう。

セゾンパールアメックスカードとの違いは?

セゾンブルーアメックスカード

セゾンパールカードとの違いは、
セゾンパールと同じく

  • 毎月5日と20日に全国の西友・LIVINでのお買い物が5%OFF
  • ホテル、ダイニング、ショッピングの3つのカテゴリーで利用できる
    アメリカン・エキスプレスの会員限定優待が受けられる
    (日本国内、世界100ヶ国以上の地域で8000以上の特典)
  • Wi-Fiルーターと携帯電話のレンタルの割引
  • オンラインプロテクションとして心当たりのないネット上での不正使用による損害補償
  • コストコで使用できる

このサービスに加えセゾンブルーカードでは、

  • 海外・国内旅行傷害保険として、旅行のたびに最高3000万円の旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外アシスタントデスクとして現地情報の案内および、ホテルやレストラン、各種チケットなど
    様々な予約の代行サービス(すべて日本語対応)
  • 手荷物無料大敗サービスとして国際線利用の際にスーツケースなどの手荷物配送を
    往路の場合スーツケース1個につき100円割引、復路の場合スーツケース1個まで無料で宅配してくれます。
    (対象空港は、成田国際空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港)
  • ロフト優待として、毎月、月末の金土日は全国のロフトでのお買い物が10%OFFまたは5%OFF
  • ショッピング安心保険として国内海外問わず、セゾンブルーカード利用のほとんどの商品の破損盗難などの
    損害を購入日から120日間、年間最高100万円まで補償

というように、パールカードにはないサービスがたくさんあり
ほとんどのものが旅行に関して必要になるサービスと言って良いでしょう。

海外旅行

海外旅行に行く場合にメリットが多い?

海外では国によっては盗難が多かったり、商品の破損なんてことがある可能性があります。
そこをしっかりとフォローしてくれます。特に壊れて困るようなものを購入する場合は
このサービスが必須と言えます。

国内旅行と違い様々な不安が伴う中、
何かトラブルや困ったことがあった場合に、日本語対応で相談に乗ってもらえるサービスがあったり、傷害保険もついており、

パールカードにはない魅力が詰まっています。
また、付帯保険はゴールドカード並と言ってもよいくらい充実しているのも魅力的です。

海外に行かれる場合は、アメックスの優待サービスが利用できる
セゾンブルーカードはおすすめと言えるでしょう。

デメリットは?

では、セゾンブルーカードのデメリットはどんなところか?というと、

ポイントが0.5%と、他のクレジットカードと比べて貯まりにくいというところでしょう。
ポイントを見るとデメリットとなってしまいますが、
その分、サービスは申し分ありません。

ですので、サービスを利用する人向けのカードと言えるでしょう。
(国内のみの利用となると、恩恵をあまり感じられないかもしれません)

セゾンブルーでは海外旅行向けのサービスが充実しているのですが、
空港ラウンジサービスがついていないため、この部分に物足りなさを
感じる人は出てくるかもしれません。

空港ラウンジサービスを利用したいという場合は、
セゾンゴールドカード(セゾンブルーの上位カード)がお勧めとなります。

どんな使い方が安心できるのか?

セゾンブルーアメックスカードについている手荷物無料宅配サービスや
盗難や商品破損の補償サービスなど海外向けサービスはかなり魅力的なものになります。
こちらをメインのカードとして利用するというのもよいのですが、

海外旅行用のカードとして国内と分けて持った場合も、年会費以上のメリットは
感じられるかと思います。
(年2回海外旅行に行った場合、通常おおよそ2000円程度かかるため、
手荷物無料宅配サービスだけで元が取れます)

スーツケース

海外では、盗難やスキミングなどの不安がついてくるため、
あえて、国内用のカードと海外用のカードと分けて使用することで、
万が一海外用のカードがしばらく使えなくなったとしても、
国内用のカードは使用できますので、困ったことになることは少ないといえます。

つまり、リスク分散としてカードを使い分けるということですね。

こんなお得な特典がついている

セゾンブルーカードは、特典として

  • 初年度は年会費無料(2年目以降より3000円)
  • 25歳以下の場合26歳になるまで年会費無料
  • 新規入会で永久不滅ポイントが600ポイント(3000円相当)もらえる。

といった特典がさらについてきます。
新規入会でポイントがもらえるというのもお得ですが、
2番目の特典は、若ければ若いほど、年会費がかかりませんので、
かなりお得と言えそうですね。

まとめ

セゾンブルーアメックスカードは、ポイントの点からみると
たしかに貯まりにくいというのはあるかと思いますが、
クレジットカードはポイント貯めるためにだけ存在するわけではありません。

サービス重視、特に海外旅行に行かれるということであれば、
セゾンブルーカードについてくるサービスは、空港ラウンジは
使用できないものの、メインカードとしてもサブカードとして
持った場合でも十分な魅力を感じられることでしょう。

コメントを残す



CAPTCHA