セゾンゴールドカードを持つべき人はどんな人?

セゾンブルーアメックスカードの上位カードである
セゾンゴールドアメックスカードですが、
このカードはどういった人が持つべきカードなのか?
についてみていきましょう。

セゾンブルーカードとの比較

セゾンゴールドカード

セゾンゴールドカードは年会費10000円(初年度無料)と、
セゾンブルーカードと比べて7000円高くなります。

セゾンブルーはパールと比べて海外旅行向けのサービスが
充実していましたが、セゾンゴールドはさらに充実した
サービスが受けられるようになります。

比較すると、

  • 海外旅行傷害保険が旅行のたびに最大5000万円自動付帯(ブルーは最大3000万円)
  • 海外空港ラウンジ 400以上の都市、120以上の国や地域で800ヵ所以上の
    空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」に優待年会費で登録可能
    (プレステージ会員/通常年会費399米ドル)に年会費10,000円+税
  • 国内空港ラウンジ 国内主要空港・ハワイ・ホノルル国際空港ラウンジが無料で利用可能
  • コナミスポーツクラブ優待(法人会員料金で利用可能)
  • パルコ5%OFF 毎月5日に全国パルコでのお買い物が5%OFF
  • ショッピング保険 年間最高200万円(ブルーは年間最高100万円)
  • 航空機遅延費用・乗継遅延費用補償
  • 航空機寄託手荷物遅延費用補償(最高10万円補償)

どんな人が持つべきなのか?

ブルーカードにはついていなかった空港ラウンジ利用がついてくるため、
ブルーカードでこの部分に満足できなかった場合や、

傷害保険最大5000万円やショッピング保険年間最高200万円と
ブルーカードよりも手厚いサービスが受けたいといった場合、

ステータスを高めたい場合などにゴールドカードはお勧めといえるでしょう。

特に、航空機遅延費用・乗継遅延費用保証は、
国際線の乗継をされたことがある方はわかると思いますが、
自分は飛行機に乗れたとしても、手荷物の移し替えが間に合わず
目的地についても手荷物が出てこないというようなトラブルが発生する場合がありますので、
このサービスは、必要といってもよいでしょう。

通常このサービスは、プラチナカードからついてくることがほとんどなので、
ゴールドからついてくるというのは、珍しいでしょう。

また、航空機寄託手荷物遅延費用補償は、最大10万円補償というのは、
他のプラチナカードを凌駕しますので、

そういった意味においても、他のゴールドカードと比べてお勧めできるポイントでもあります。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは招待制で入会可能になっているため、
その足掛かりとしてセゾンゴールドカードを持つというのもお勧めかと思います。

JALマイルを貯める人にもおすすめ

JALマイルを貯めたい方にとってもおすすめです。
セゾンゴールドカードの限定特典として、SAISON MILE Club(JALコース)「ショッピングマイルプラン」
というものに年会費4000円+税で登録できます。

このサービスに登録することで、カード利用1000円につきJAL10マイルたまり、
さらに優遇ポイントで永久不滅ポイントが2000円につき1ポイント貯まります。
永久不滅ポイントは、Netアンサーより1ポイント=2.5マイルで
200ポイント単位でJALマイレージバンクに移行することが可能ですので、

実質1000円利用につき11.25JALマイルが貯まります。

さらに、永久不滅.com経由で買い物を行なった場合は、
最大でポイント20倍もらえるサイトもありますので、
ネットで買い物されると、よりポイントが貯まりやすくなります。

というように、ポイントの2重取りができる分JALマイルが貯めやすい
という特性を持っているため、JALマイルを貯めたいという人にもおすすめの
カードといえるでしょう。

まとめ

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを持ったほうが良いという方は、

  • より手厚い海外旅行向けサービスを利用したい(他のプラチナカードを凌駕するサービスもあり)
  • 空港ラウンジを利用したい
  • JALマイルを貯めたい
  • ステータスを高めたい
  • セゾンプラチナカードの足掛かりとして

アメックスカードとして持ちたいという方に向いているカードでしょう。

コメントを残す



CAPTCHA