大阪駅から海遊館へのアクセス!おすすめの行き方は?

大阪駅から海遊館までの行き方は、
初めて来られる方には、少々難しいかもしれません。
ですので、こちらで詳しく紹介いたします。
バスでの行き方や電車での行き方、
タクシーだとどれくらいかかるのかなど、
様々な行き方を紹介いたします。

スポンサーリンク

バスでの行き方は?

大阪駅南口改札口をでます。
ここでいう南口は中央南口ではなく、
御堂筋口側の環状線ホーム下あたりの南口のことです。
大阪駅構内図
※1Fの地図右下参照

この改札口を出て、
前方左側に見える短い横断歩道を渡り、
すぐ前にある黄色(構内)3番乗り場より発車する
88号の「天保山行」のバスにのります。
バスターミナル地図はこちら

バスは15分毎に出る感じなので、
あまり待つこともありません。
時刻表はこちら

所要時間は、30~40分程度。
料金は、210円です(2014年10月現在)。

下車後は、およそ300mほど歩くと海遊館に到着します。
目の前に見えてるので、迷うことはないでしょう。

海遊館

電車で行く場合は?

大阪駅環状線内回りに乗り換え(1番線乗り場)
4駅目の弁天町で下車します。
なお、桜島行の電車に乗ると弁天町まで行きませんので、
乗らないでください。それ以外の普通・快速は弁天町に
停車します。

下車後、南口の改札口を出て
そこからは案内に従って進めば、地下鉄中央線に
到着します。
ホームからホームまでは、徒歩7分程度は見ておいた方が
良いでしょう。

こちらは、環状線弁天町から地下鉄中央線までの動画となります。

地下鉄中央線に到着したら
2番乗り場より発車する「コスモスクエア行」に乗り、
2駅目の「大阪港」で下車します。

大阪駅から弁天町までは160円。快速だと7~8分で到着します。
地下鉄中央線弁天町より大阪港までは、240円。
所要時間は4分程度です。

大阪港駅から海遊館までは、およそ800m
徒歩で10分程度歩くことになります。
行き方は案内が出ていますので、簡単に
行くことができます。

スポンサーリンク

ちょっと面白い電車での行き方

大阪駅より環状線内回り(1番乗り場)に乗り換えて、
桜島で下車します。
この場合「桜島行」の電車に乗ってください。

桜島下車後、南西に700m程度。
徒歩14分程度行ったところに、
通称「ポンポン船」という渡し船があります。

この船に乗り、およそ4分程度で、到着。
降りたら目の前が海遊館です。

船に乗っている最中は、海遊館と川を眺めながらの
ちょっとした旅行気分が味わえるかと思います。
この渡し船、料金は無料なんです。

渡し船の時刻表はこちら
天保山というところを見てください。

船が20~30分に1本なので、
場合によっては待たされることもありますが、
なかなか楽しい旅行になるかと思います。
時間のある方にお勧めです。

タクシーで行く場合は?

大阪駅南口を出て、すぐのところに
タクシー乗り場があります。
これに乗って、海遊館まで行く場合、
所要時間はおよそ20分。
料金は、小型タクシーで2980円程度。
中型タクシーで3240円程度となります。
ちなみに小型で4人で乗った場合の
一人頭の料金は、745円程度になります。

小さいお子さんを連れているなど
何らかの理由で電車は避けたいという方に
お勧めです。

まとめ

お勧めとしては、乗換などがなく
到着後あまり歩かなくてもよい
バスがおすすめです。
時間的には小一時間程度かかりますが、
料金は紹介した中では一番安くなります。

時間を優先するのであれば、
30~40分程度でつく電車が良いでしょう。
ただし、歩く距離が多くなります。

時間に余裕があるという方は、
是非地元の人しか知らないといわれる
渡し船「ポンポン船」に乗って小旅行を
楽しんでみましょう。

 

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA