寝違えの原因!朝起きたら首が痛い人は要注意?

朝起きたら、首に違和感がある
あるいは首が回せない。首を動かすと
強い痛みが生じるなどなど、
これらは寝違えの症状で軽いものから
重いものまでありますが、
寝違えというのはそもそもなぜ起こるのでしょうか?
その原因を調べてみました。

スポンサーリンク

寝違えって何?

寝違えというのは、症状としては首に違和感があったり
痛みが生じたりするものなのですが、これはどういったことが
起こっているのかというと、
寝違えというのは、
急性疼痛性に頚椎や肩甲骨の運動性が制限された状態のことをいい、
寝ている間に筋肉の平衡運動機能が失われて、
首周囲にある筋肉が過度な緊張を起こして、
知覚神経が刺激されて発症し
首周囲の筋肉の一部分がつった状態が続いて炎症を起こした状態
簡単に言うと、首の捻挫なんだそうです。

寝違え

寝違えの原因は?

一概に寝違えといっても原因は
いくつも存在します。
ですので、一つ一つ紹介していきたいと思います。

枕があっていない

寝違えの原因としてもっとも多いのが
枕があっていないということです。
枕が高すぎたり逆に低すぎたり、
硬すぎたり柔らかすぎることによって、
首に負荷がかかってしまい
朝起きたときに寝違えになっていることがあります。
これは首の角度があっていない枕によって調節できないため、
不自然な状態で長い時間維持することになります。
枕は値段が高い方が良いというものでもなく
自分に合った枕を探すことがポイントとなります。

ちなみに私は低反発枕で寝ると翌日必ず寝違えてます。
というように、首の頸椎などにも個人差があるため、
一概にこの枕が良いとは言えません。

寝る姿勢が悪い

寝る姿勢には仰向け、うつむけ、横向きなど
人によって寝る姿勢は異なるかと思いますが、
寝違えになりやすい姿勢は、横向きやうつむきなど、
枕の役割を果たせない状態で寝ることです。
枕は通常首のラインに合わせて作られていますので、
たとえば横向きで寝た場合、枕の高さなどが合わず、
首に負荷がかかりやすくなります。

また、枕は長く使用していると、徐々に劣化していきます。
長く使用し変形した枕ですと、うまく首のラインにフィットせずに
寝違えの原因になることもあるようです。

過度なストレスがかかっている

枕はいつもと一緒なのに寝違えが頻繁に起こる
という場合は、ストレスが原因になっている可能性があります。
ストレスがたまると、背中や肩の筋緊張が起こり
首に負荷がかかりやすくなり
寝違えになる可能性が高まります。

また、ストレスがたまると、眠りが浅くなり睡眠の質が低下し
睡眠不足状態になります。
すると、寝ている間に本来不自然な恰好になると
寝返りをうったりして自然な姿勢に戻すのですが、
その動き(反応)がなくなってしまいますので、
不自然な姿勢で長時間固定されることになり、
寝違えが起こりやすくなります。

スポンサーリンク

睡眠不足が原因

上記と同じで、睡眠不足になると、
寝返りなどで姿勢を良い状態に戻すという
反応が鈍くなるため、寝違えが起こりやすくなります。

疲労が原因

過度の疲労により、やはり不自然な姿勢になった時に
良い姿勢に戻す反応が鈍くなることにより
寝違えが起こりやすくなります。

内臓疲労が原因

肝臓や胃などの疲労により
支えている筋肉も一緒に疲労してしまうため、
背中や肩の筋肉などが強張って
筋肉が縮んでしまいます。
すると、首の運動性が制限されるため、
寝違えが起こりやすくなります。
内臓疲労の原因としては、
過度の飲酒や脂っこいものやカロリー過多、
食べ過ぎなどにより内臓が疲労します。

ちなみに、肝臓が疲労した場合は、
首の右側が痛くなり、
胃が疲労している場合は、首の右側が
痛くなりやすいんだそうです。

特に泥酔するまで飲んだ場合は、不自然な姿勢になった時に
寝返りなどで元に戻そうとする運動が抑制されますので
注意してください。

慢性的な肩こりが原因

慢性的に肩が凝っている場合も
筋緊張している状態であるため、
寝違えになりやすくなります。
また、リウマチによっても寝違えは
引き起こされやすくなるそうです。

加齢により頸椎が変形している

加齢などの老化現象により頸椎が変形することで、
首の痛みが出やすくなることがあります。
寝違えとは、また異なるのですが
症状が似ており、寝違えが頻繁に起こるなと
思っていたら実は、頸椎に問題があったという
場合もあるようです。
首の痛みが頻繁に起こったり、1か月以上など
長く続くような場合や手足のしびれなどが伴うような
場合は、どこか問題があるかもしれませんので、
一度検査を受けた方が無難かもしれません。

また、老化だけでなく姿勢が悪い場合は、
若い人でも頸椎の変形は起こりえます。

まとめ

寝違えといっても原因は様々ありました。
ですが、寝違えのそもそもの原因は、
睡眠時に不自然な恰好のまま長時間固定されることによって
起こるため、その不自然な恰好を自然な形に戻すことが
寝違いの解決につながりそうです。
まずは、何が原因となっているか
確かめてみてはいかがでしょうか??

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA