首の寝違えの治し方は?自分で治す方法は?病院は何科に行けばいいの?

寝違えると右側が向けなかったり
左側が向けなかったり、あるいは
ちょっと動かそうものなら痛みが襲ってきて
どうしようもない。。。

これって、早く治すにはどうしたらいいんだろう??
先日首を寝違えて、原因は昨晩疲れすぎて寝たため、
寝てる間に変な姿勢にでもなって、そのままの状態が
続いたからだと思いますが、
そこで気になったのが、寝違えの治し方です。
いろいろと調べたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

寝違えは炎症!まず行うことは?

寝違えの治し方を調べてたら冷やした方が良い。
逆に温めた方が良い。という正反対なことが
書かれてたので、「結局どっちなの?」と、
寝違えってそもそも何なのか?調べてみると
首の「炎症」あるいは「捻挫」のようなものなんだそうで、
この炎症(痛み)があるときには、
冷シップなどで冷やした方が良いようです。
また、他の方法では10分程度氷で冷やして
50分程度休憩したら、再び10分程度氷で冷やすという
ことを繰り返し行うのも有効なようです。

患部を冷やしてある程度痛みが取れたら、
市販などでも販売されている
消炎鎮痛剤を塗るもしくは貼ると良いでしょう。

寝違え初期は自分でマッサージなどを行わず、
冷やして安静にするようにしてください。

寝違え

また、腕のツボを刺激して、痛みを抑える方法動画を
見つけましたので、参考にしてみて下さい。

炎症が治まってきたら?

通常は、2~3日程度長くても1週間程度で痛みは
治まってきます。
そうしたら、今度は血行をよくするために
患部である首、背中などを温めてあげてください。

寝違えの原因は様々ありますが、
筋肉が緊張していたり、血行が悪く
凝り固まっていたりすると寝違えになりやすいため、
血行を良くすることが必要になってくるからです。

温め方は、温湿布を貼るのも良いですし、
ツボ押しやマッサージでも良いです。
あるいは、38~40℃程度のお湯にゆっくりと浸かる
というのも効果的かと思います。

寝違え当日に行なってはいけないこと禁忌は?

  • 熱い湯船に浸かる
  • マッサージをする
  • お酒を飲む
  • 高い枕、あっていない枕を使用する

以上のことは行わない方が良いでしょう。
マッサージは専門家以外の方が行うと
悪化させる原因となりますので、
痛いからといって、首や肩を揉んだりするのは
避けてください。

スポンサーリンク

寝違えで病院に行くとしたら何科?

寝違えがひどく病院に行こう!!
でも何科に行ったらいいのか?
についても調べてみると、
整形外科が良いようです。
整形外科の場合ですと、レントゲンを撮って
その痛みが寝違えなのか?何から来ているのか?
いろいろと検査を行なってくれます。

病院へ行くとしたらまずは整形外科に行きましょう。
次に行くとしたら、あん摩マッサージ指圧師、はり師、
きゅう師、柔道整復師などの国家資格持ちの治療院、
整骨院に行くことをお勧めします。

整体やカイロなどは、資格がなくても行うことができるので、
資格がないようなところに行くのはお勧めできません。

寝違えで病院??と思われる方もいるかもしれませんが、
寝違えが長く続くような場合や頻繁に寝違えが起こる場合は、
何か問題があるはずなので、
このような場合は原因を調べるためにも
病院で診てもらうべきでしょう。

寝違えの対策は?

冬など寒い季節の場合は
首元から暖めるようにしっかりと
対策を行い、夏場の場合は、
クーラーなどで冷えますので、
できるだけ冷やさないようにすること
対策となります。

ストレスがたまることも
寝違えを起こす原因となります。
ストレスがたまると、筋肉は緊張状態に
なりますので、できるだけストレスを解消する
方法を見つけることも寝違えの対策となります。

枕の高さや固さはあっていますか?
枕があっていないと、寝違えを起こしやすくなります。
固すぎてもやわらかすぎてもいけません。
では、どんな枕がいいのか?というと
人によって首の形は違いますので、
一概にどの枕が良いというのは、
言いにくいのですが、睡眠を徹底的に
サポートした枕というものはあります。
そういったものを試してみるというのも
一つの方法かと思います。
たとえば、こんな枕ですね。
スリープドクターズピローを見てみる

眠りが浅く、睡眠不足傾向にある人や
疲れがたまりすぎてる人も、寝ているときの
寝返りなどの回数が減るため、寝違えは
起こりやすくなるので、
そういった人も良い枕を探すことも一つの
方法であると思います。

まとめ

寝違えになったときには、
まず冷やして安静にすること。
変に揉んだりマッサージせずに、
痛み(炎症)が取れるまでは、
極力動かさないように行動すること。
痛みが取れてきたら、温めたりマッサージをして
筋肉の緊張をほぐしてあげると
良いでしょう。

寝違えが突発的なものなら
病院に行く場合は、整形外科で診てもらい
慢性的に寝違えるのでしたら、整骨院などで
診てもらうと良いかと思います。
また、自分でも何が原因になっているのか
調べるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA