子供の乳歯が抜けずに永久歯が生えてきた!これって大丈夫なの?

先日私の子供の下の前歯の乳歯が抜けずに、その後ろから
永久歯がはえてきました。

そのまま抜けずにはえてきたら、後ろに伸びていくんじゃないか?
最悪抜歯してもらわなければいけないんじゃ?
などと心配になったので、小児歯科へ行って
いろいろと聞いてきましたので、シェアいたします。

スポンサーリンク

乳歯が抜けずに永久歯が生えるのは大丈夫なの?

まず、下の前歯の乳歯の後ろから永久歯が
はえてくることは、スペースがない場合
一番はえやすい場所に出てくるので、
よくあることなんだそうです。
こんな感じですね。

乳歯の後ろから永久歯

生えてくるにしたがって、
永久歯が乳歯にあたり、乳歯はやがて
とれるようで、私の子供の場合
ぐらぐらもしてなくて心配してたんですが、
医師が見るとどうやら少しぐらぐらとしている
とのことで、特に問題はないとのことでした。
通常は抜歯をせずとも抜けていくので
そのまま放っておくようなのですが、
あまりにもグラグラとしていなく乳歯が頑丈なようなら
抜歯することもありうるようです。

後ろからはえてきた歯は、そのまま後ろに居続けるのか
というと、そうではなく舌に押されて
本来あるべきところにちゃんと戻っていくので
心配は
ないそうです。

顎が発達してないと歯並びが悪くなる

子供は乳歯の段階ですと本来すきっぱくらいが
永久歯のはえるスペースを確保できるので、
良いそうなのですが、私の子供の場合
写真を見てもらうとわかるようにみっちりと
隙間なく揃っています。
これは顎が発達していないことによって
隙間がなく、そのため永久歯が出てきやすい
後ろから生えてきてるのですが、
乳歯よりも永久歯の方が大きいため、
乳歯の段階でみっちりと生えそろっていると
永久歯が入り込む隙間は当然なく、
そのしわ寄せは、どんどん奥の歯へと
行ってしまうのだそうです。
しわ寄せが来やすい歯は斜めにはえてきます。
いわゆる八重歯がそれにあたるのだそうですが、
永久歯が生えそろったころには、がたがたになる
確率は高いようです。

上の前歯の乳歯の前から永久歯がはえてくる

上の場合は、スペースがなければ乳歯の前から
はえてくるようで、この場合も乳歯は自然と取れて、
上唇に押されて自然な位置に永久歯は
戻るのだそうですが、
蓄膿症やアレルギーなどで鼻が常に詰まっているような子は
口呼吸となるため、上唇で押さえて自然な位置に戻すというのが
難しくなるようで、歯並びが悪くなりやすいんだそうです。
私の子供が鼻が悪く、常に口呼吸してるため、
歯並びがガタガタになる可能性は高いですと言われました。

ちなみに口呼吸になると前歯が茶色くなりやすいようです。
私の子供はちょっと茶色っぽくなってますが、
あなたのお子さんはいかがでしょうか?

口呼吸チェック
  • 鼻がよく詰まる
  • 口をぽかんと開けていることが多い
  • いびきをかく
  • 前かがみで、姿勢が悪い
  • 食べているときにペチャペチャ音がする
  • しゃべるときの舌の位置が気になる
  • 何かを飲み込むときに舌が前に出てくる
  • 上の歯の列の形が逆V時型になっている
  • 扁桃腺が腫れたり、風邪をひきやすい

この項目に2つ以上当てはまれば、
口呼吸をしているかもしれません。

スポンサーリンク

歯並びをよくするには?

家でできることといえば、
ものをよく噛んで顎を動かすことです。
いきなり固いスルメやタコなどを噛ませるのではなく、
野菜など繊維質のものを1口に30回噛むというのが
好ましいようです。
顎を鍛えることにより顎が広がり隙間ができてくるので、
永久歯が入り込む余地がでてくるそうです。

上の歯については、口呼吸を鼻呼吸に変える必要があるため、
耳鼻科などに行き鼻の通りをよくしてもらうことが重要なようです。

歯医者さんでの治療は、この段階では別段することはないようで、
永久歯がたくさん生えてくる8~11歳あたりに
さてどうしようか??と考えるそうで、
歯の矯正の場合は、ちゃんとした矯正をするのは
中学生に入ってからで、それまではそのままにしておく
医師と、中学生になるまでの間にゆがみを少しでも抑えるよう
ワイヤーのようなもので抑えて中学生になったら本格的に
矯正をするという2つが主流となっているようです。

私が訪れた小児歯科では、顎の拡大装置というものを
勧められました。といっても8~11歳頃になってからの話ですが。
顎が拡張することによって歯に隙間ができるため、
通常の歯の矯正の抜歯をしなくて済む可能性が高くなるというニュアンスで
おっしゃってました。
ちなみにこういったものです。
顎拡大装置の詳細はこちら

まとめ

乳歯の後ろから永久歯がはえてきたとしても、
たいていの場合は、今すぐ何らかの治療を施さなければ
いけないということはないが、あまりにぐらぐらしなさすぎたり
する場合は、処置をする場合がある。
通常は自然に抜けて、舌によって自然な位置に押されるので、
問題はない。

ただし、後ろから生えてくるのは歯と歯の間に隙間が
ない(顎が発達していない)ことが多いため、
将来歯ががたがたになる可能性はある。

一つ言えることは、乳歯が抜けずに永久歯が
生えてきた場合は、小児歯科に行った方が良いです。
というのも、虫歯がないかどうかのチェックや現在歯が
どのような状態になっているか?
将来歯がどのような状況になるか?という予測も
してもらえるので、こういった機会でもない限り
歯医者には行かないと思うので、行くといろいろなことが
わかりますよ!!

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA