授乳中にアレグラを飲んでもいいの?赤ちゃんへの影響は?

花粉症がつらい時期、アレグラなどで
症状を抑えたいですよね?
でも、授乳中だと母乳を介して赤ちゃんに
何か影響はないのか?不安になると思います。
ということで、授乳中にアレグラを服用しても
良いのかどうか?とことん調べてみました。

スポンサーリンク

授乳中にアレグラの服用はいいの?

アレグラは病院でも処方されますし、
薬局でも販売されています。

まず市販のアレグラ(FX)の注意事項を見てみると
授乳中の人は服用することは
できません。
もし、服用した場合は授乳を中止してください。
というように書いてあります。

これは、動物実験(ラット)でアレグラの成分が
乳汁中に移行することが報告されているからです。

ですので、市販のものは自己判断で服用することは
できませんし、薬局の薬剤師に聞いても
おそらく飲まない方が良いと言われるかと思います。

ただし、病院では医師にもよりますが
授乳中であっても処方される場合があります。

アレグラ

病院では処方してもらえる?

アレグラは薬疹などが出た時にも処方される薬で
抗アレルギー薬の中では比較的副作用が
少ない薬として知られています。

病院にもよりますが、アレグラを処方してくださる
病院はあり、その場合授乳を控えるようなことも
必要ないという場合が多いです。

しかし、医師によっては授乳中ということで、
アレグラではなく、漢方薬を処方される先生もいます。

つまり、自己判断での服用はだめだけど、
医師の判断により処方されたものは問題ない
ということになります。

では、なぜ医師によって処方が異なるのか?
というと、これは医師の考えで授乳中でも赤ちゃんへの
影響は特に問題ないとする考えや乳汁中に移行することが
わかっており、赤ちゃんにとって必要のない成分のため、
飲まない方が無難とする考えがあるからだと思います。

赤ちゃんへの影響は?

アレグラでの授乳期の人間の実験というのは
できませんので、何が出るかわからないが
経験則から安全性の高い薬として処方されており、
今までに1件も何か起こったというような報告は
ありません。

アメリカの小児科学会でも授乳中に服用しても
安全な薬であると認められているので、
赤ちゃんへの影響に関しては絶対にないとは
言えませんが、安心しても良いレベルなので、
医師が処方されているものと思われます。

ただし、上記でも書いたように医師によっては
赤ちゃんにとっては不必要な成分のため、
漢方薬など別の薬を処方される医師もいます。

スポンサーリンク

アレグラの成分が母乳からなくなるのは何時間?

アレグラを服用すると、微量ですが母乳に移行します。
では、どのくらいで体内から成分がなくなるかというと、
アレグラの半減期は長い場合で9.6時間と言われております。

完全になくなるまでは、その4~5倍と言われていますので、
およそ40時間も経てば、完全に体内からはなくなっている
ということになります。

ですが、心配となるのは体内からではなく母乳からなので、
半減期を考慮すると、9.6時間は授乳中を中止して
最初の母乳は搾乳してから次の母乳を与えるというのが
心配はないかと思います。

結論

アレグラは比較的副作用の少ない薬ですが、
自己判断での服用はしないように。
また、同じ条件で知り合いなどがアレグラを
処方されているからといって、もらって飲んだりも
しないようにしましょう。

これは医師がその人に安全だろうという判断で処方したもので、
あなたに処方されたものではないからです。

つまり、アレグラの服用は病院で診てもらって
授乳中であることを伝えたうえで
処方されたものについては、問題はないということになります。
その場合、念のため授乳を中止する必要があるかどうかも
尋ねてみると良いでしょう。

授乳を中止する必要がないと言われたのならば、
そのまま服用されて問題ないかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA