カメムシが臭いのはなぜ?たとえるとどんなにおい?

カメムシは臭いといいますが、
なぜ臭いにおいを出すのでしょうか?
また、におったことがない人にはどんなにおいなのか?
わからないかと思います。

そこで、なぜ臭いにおいを出すのか?
たとえるとどんなにおいなのか?
について徹底的に紹介いたします。

スポンサーリンク

カメムシが臭いのはなぜ?

冬以外のすべての季節に出現するカメムシですが、
カメムシっていつでも臭いを出しているのではなく
通常時は何もにおいません。

では、どんな時に臭いを出すのかというと、
カメムシに危険が迫ったとき
つまりは、外敵から身を守るために
独特の臭いを放って防衛してるんですね。

なので、カメムシを突いたりしたら
臭いを出します。

※防衛反応として出した場合、
鳥とか蜘蛛など外敵によって
効かないものも存在しています。

カメムシ

また、この臭いは自信を守るためだけでなく
仲間に対して危険が迫ってるよと知らせる
警報フェロモンとしての役割を果たします。
ですので、仲間が臭いを嗅いだ時に
逃避行動を起こします。

そして、まだまだ使い道があって、
カメムシの臭いを緩やかに出したときは
集合フェロモンとして作用するそうです。

これは例えるとゴキブリの糞などと一緒ですね。
集合フェロモンを嗅ぐと仲間が寄ってきます。

そして、道しるべフェロモンとしても作用するようです。
蟻が列になって歩いているのと一緒ですね。

まとめると

  • 自己防衛
  • 警告信号
  • 集合
  • 道しるべ

というようになります。

臭いの成分は?どこから出してるの?

カメムシの臭い成分は、カメムシ酸と呼ばれているようですが、
詳しく述べるとヘキサナール、オクテナール、ディセナールなど
トランス-2-ヘキセナールというものが主成分で
青葉アルデヒドという別名も持っています。

この臭い(元は液体なんだそう)をどこから出しているのかというと、
足の付け根にある臭腺から上記の理由によって出しているのです。

なお、この成分はアルデヒドという毒性のあるもので、
カメムシ自信を狭い密閉容器に入れて、
臭いを出させて放置すると、自分で出した臭いで
失神するんだそうです。

さらに、時間を置くと自分の臭いでお亡くなりになることも
あるんだとか。

カメムシを狭い密閉された容器に複数入れて臭いを出させると、
上記で紹介した警報フェロモン作用によって、
臭いを出してないカメムシまで臭いを出すという
連鎖が起こり、1匹の場合よりも早く失神してしまうそうです。

こんな動画を見つけましたので、
紹介しておきます。結構興味深いですよ。
※カメムシいっぱい出てくるんで苦手な人は注意

スポンサーリンク

たとえるとどんな臭いなの?

カメムシの臭いは青臭いにおいなのですが、
上記で説明したように、カメムシの臭いの成分は
トランス-2-ヘキセナール(青葉アルデヒド)です。

この成分を持っている食べ物があります。
それは普段私たちが食べているもので、
きゅうりやトマト、キャベツなどの野菜類のほかに、
リンゴやバナナ、イチゴなどの果物や茶葉にも含まれている
そうです。
参考:Wikipediaトランス-2-ヘキセナール

この中で一番近しい臭いがするのは、
特に青臭く感じるきゅうりが近いかと思います。

きゅうりに何もつけずに噛んでる最中に
鼻から息を吐くとよくわかるかと思います。

ここで感じられる臭いを強くしたものが
カメムシの臭いとなります。

また、草をちぎってみて青臭いと感じるものも
似ているかと思います。

特ににおいが似ているものでは、
コリアンダー(パクチー・香菜/シャンサイ)があります。
そもそもコリアンダーの語源はカメムシを意味する
Koriannonという言葉からきているようで、
別名としてカメムシ草と呼ばれることもあります。
カメムシの臭いが知りたければ、
きゅうりを食べるよりパクチー食べた方が
わかりやすいかと思います。

なお、ヘリカメムシ科のカメムシは青リンゴのような
臭いがするそうです。

ヘリカメムシ
画像引用:昆虫エクスプローラ

どれくらい臭いの?

どれくらい臭いのか?というのは人によって異なり
半数以上の日本人は臭いと感じるようで、
その臭いは虫臭いの極みくらい私には臭く感じます。
人によってはトイレやゴミなどよりも臭いと感じる
方もおられるかと思います。

たとえば、部屋にカメムシが1匹入ってきたとして、
何かのきっかけでカメムシが臭いを出したとき、
部屋中がそのにおいに包まれます。
また、手や服などについたにおいもなかなか
とれません・・・。

しかし、中にはカメムシのにおいを臭いと思わない方も
おられますし、ラオスの人はカメムシのにおいは
良いにおいと認識されているようで、
実際ラオスではカメムシを食べる習慣があり
においを楽しみながら食しているようです。

別名カメムシ草とも呼ばれる
コリアンダー(パクチー)を美味しく食べられている方は
臭くないかもしれません。

まとめ

カメムシがにおいを出す理由は、
外敵から身を守るためだけでなく
仲間にも危険を知らせるため、仲間を呼ぶために
使用されていたのです。

においはきゅうりやパクチーを食べると
似たにおいが感じられますが、
一般的に青臭いというイメージで良いかと思います。

くさいかどうか?については
人によって異なるため、この記事を見てみる
あなたはどう感じられるかは、実際に
嗅いでみないとわかりません!!

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA