鷲羽山ハイランドの料金!割引クーポンのおすすめは?

中国四国で唯一バンジージャンプが楽しめるテーマパークで、
バンジートランポリンやバラクーダーなどのアトラクション満載で
楽しむにはもってこいの場所。ブラジリアンパークとも呼ばれ、
時間によっては、サンバショーーやポップショーなどが楽しめる
鷲羽山ハイランドですが、料金はどうなっているのでしょうか?
また、割引・クーポンなどはどんなものがあるのでしょうか?
こちらでは、鷲羽山ハイランドの料金や割引について徹底的に紹介いたします。

スポンサーリンク

料金は?

・入国+フリーパス
大人(中学生~)2800円
小人(小学生~)2200円
幼児(3歳~)1700円
シニア(50歳~)1700円
熟年(60歳~)500円

・トワイライトパス(15:00~)
大人 1700円 小人 1700円
幼児 1700円 シニア 1700円
熟年 500円

・年間フリーパス
大人 6000円
小人 4000円

・校外学習・スクール料金(学校団体)
大学生 1500円
高校生 1300円
中学生 1200円
小学生 1000円
園児 600円
※教員の方は無料

・障がい者料金
大人 1250円
小人 1000円
幼児 750円
シニア 750円
熟年 500円
※付き添いの方1名までは、障がい者料金適応

・バンジージャンプ
1回1700円

・駐車場
無料

このようになっております。
参照:鷲羽山ハイランド開園時間/料金

鷲羽山ハイランド

割引・クーポンは?

JAF割引は?

会員証提示で本人含め家族5名までが
フリーパスポート200円割引となります。

その他、ロードサービスや各種割引サービスが
ついてるので、何かとお得ですよね。

JAFの登録はこちら

JTBコンビニ割引は?

JTBなどの利用で、コンビニで前売り券を購入することができます。
その場合、フリーパスが中学生以上200円割引 小学生200円割引
3歳以上200円割引 50歳以上200円割引となります。

なお、コンビニはセブンイレブン、ローソン、ミニストップ、
ファミリーマート、サークルKサンクスで購入することができます。

JTBを見てみる

HISクーポンは?

HISクーポンですが、クーポン取得後、PCで印刷すると
フリーパスが1枚で5名までが
大人小人幼児シニアは500円割引となります。
※期間があるかもしれません

枚数に制限があるので注意してください。
また、スマホや携帯の画面表示は無効となります。

HISクーポンを見てみる

デイリープラスを利用する

月額540円となりますが、デイリープラスを利用することで、
レギュラープランの場合ですと、
入国+フリーパスが大人(中学生以上)200円割引 子供(小学生)200円割引
幼児(3歳~)200円割引 シニア(50歳~)200円割引
60歳~カード作成(500円)で永久に無料となります。
※2018年3月31日まで

また、WEB申し込みで入国+フリーパスポートというものを利用すれば、
入国+フリーパスが大人のみ1300円割引になります。
なお、こちらは1回に申し込み可能な数量は10枚までとなっています。
※2018年3月31日まで

さらに、デイリープラスはカラオケや映画、ショッピング、
食事(グルメ)、旅行、各種テーマパークなどの割引サービスが
利用できるようになるため、使い方次第ではかなりお得なサービスかと思います。

ヤフオクは?

ヤフオクなどのオークションで割引券や優待チケットが出品されていることがあります。
私が見たときは、フリーパス大人が1100円になる割引券300~400円程度で出品されていたり、
優待チケット2枚組が3000円~出品されていたりしました。
ただし、優待チケットは1名のみの出品だったので、主に割引券の購入となるでしょう。

割引率も高いので、よりお得に行きたいという場合は、オークションも
視野に入れておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

金券ショップは?

オークションに割引券が多く出回っていましたので、
金券ショップにも割引券が置いてある可能性があります。
また、優待チケットもひょっとしたらあるかもしれません。

行かれる前に問い合わせてみるのも手だと思います。

岡山県の金券ショップを見てみる

セゾンカードを利用する

セゾンカードを提示することで、最大5名までが
フリーパス200円割引となります。

詳細を見てみる

Honda Cカードを利用する

ホンダ車をお持ちの方は、Honda Cカードを持っているかと思います。
その場合、Cカードクラブオフでクーポンを取得することができます。
クーポンは、フリーパスが中学生以上500円割引 小学生500円割引
3歳以上500円割引 50歳以上500円割引となります。

Honda Cカードを見てみる

ログイン後、もしくはログインせずにサイトを見るをクリック後、
検索窓より「鷲羽山ハイランド」と入力し検索してください。

電車+チケットセット割

JR四国ツアーより鷲羽山ハイランド割引乗車券が販売されています。
内容としては、発駅~児島駅間のJR往復券、児島駅~鷲羽山ハイランドまでの下津井電鉄バス往復乗車券、
鷲羽山ハイランドの入場券がセットになっています。

値段は、高松から乗った場合だと、
大人4270円 小児2690円 学生3720円となります。

割引率としては、大人が高松から乗った場合で計算すると
通常は、高松駅から児島駅まで片道1470円、往復2940円
バス料金が片道210円、往復420円。

鷲羽山ハイランドのフリーパスが2800円。
合計すると、6160円となるので、差額は、1890円。
これだけお得になるということですね。

他の駅からもセット料金が異なったりしますので、
詳しくは下記をご覧ください。

鷲羽山ハイランド割引乗車券を見てみる

年間2回以上は年間パスポートがお得

年間2回以上行かれる場合は、年間パスポートがお得になります。
年間フリーパスは、作成することで園内のお店各種で使用できる
1000円分のクーポンがもらえます。

ただし、割引率の良い割引券の使用と比べた場合、
4回以上からお得になるのかなという感じになります。

60歳以上の方は、桃太郎ふれあいカードの作成がお得

60歳以上の方は、桃太郎ふれあいカードを作成(500円)することで、
鷲羽山ハイランドが永久的に無料で入ることができます。

1回のみの場合でも、入園料とカード作成費用が同じのため、
こちらを作成しておくと良いかと思います。

・公式サイトのアミーゴクラブに会員登録する
公式サイトよりアミーゴクラブというメルマガに登録すると、
本人含む最大6名までが誕生月に使用できる
500円割引クーポンがもらえます。

誕生月に行かれるという場合は、割引率が良いので、
登録すると良いかと思います。

アミーゴクラブを見てみる

月刊イーノで割引?

フリーペーパーの月刊ino(イーノ)岡山・倉敷に
稀に鷲羽山ハイランドのクーポンがついていることがあります。
2013年8月号のお話ですが、その時は、500円割引となっていましたので、
クーポンが載っていたらラッキーという感じですね。

ちなみに、月刊イーノは岡山のコンビニやスーパー、最寄りの駅などで
手に入れることができますし、WEBもあります。

月刊イーノを見てみる

生協でチケットを購入する

生協でチケットを販売していることがあります。
加入されている生協によって異なるのですが、例えば、こうち生協では
フリーパスが大人600円割引 小人500円割引 幼児500円割引
シニア500円割引と、結構お得な値段で購入できるため、
生協に加入されている場合は、見ておくと良いかと思います。

こうち生協を見てみる

福利厚生サービスを利用する

お勤めの会社が何かしらの福利厚生サービスに加入されている場合、
社員はそのサービスを利用することができます。

例えば、弥生の福利厚生サービスに加入されていたとした場合、
フリーパスが大人500円割引 小学生500円割引 幼児500円割引 シニア500円割引で
前売り券を購入することができます。

割引率が良いので、行かれることが事前に決まっているのであれば、
この方法も良いかと思います。

チケット付き宿泊プランを利用する

鷲羽山ハイランド周辺の宿泊施設では、
チケット付き宿泊プランを設けているところがあります。
その場合、チケット自体が安く手に入るか、プラン自体が
安く設定されていることが多いため、
宿泊を兼ねる場合はこちらの方法も検討されてみても良いかと思います。

楽天で鷲羽山ハイランド周辺の宿泊施設を見てみる

さらに、Honda Cカードなどと組み合わせると、
宿泊が安くなることがありますので、割引を組み合わせると
よりお得になることがあります。

成人式にバンジージャンプ

2016年に20歳になったらバンジージャンプ企画というものがあり、
これは1/10~4/30まで2016年に20歳になった人は、
バンジージャンプが1回無料になっておりました。
※現在は終了しております。

2017年以降もこのようなキャンペーンがあるかどうかは
わかりませんが、ある場合は、無料なので記念に
バンジージャンプされてみてもいいかもしれませんね。
参照:鷲羽山ハイランドバンジージャンプ

結局どの割引がいいの?

様々な割引を見てきましたが、
簡単でおすすめのものとしては、
現地の場合は、何かしらの割引のある会員証を提示するということでしょう。

事前に用意できるのであれば
HISクーポンは印刷するだけで割引率が良いのでお勧めですし、
金券ショップに問い合わせて割引券があるようなら、
そちらの購入もおすすめでしょう。

前売り券を購入するということであれば、
生協や福利厚生サービスの利用、あるいはオークションの利用が良いでしょう。

四国の方から電車で来られるということであれば、
乗車券セットのものがお得になります。

というように、目的によってもお得になるものが変わってきますので、
ご自身にあった割引を利用しましょう。

では、鷲羽山ハイランド楽しんできてください。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA