しもやけに効く薬!病院と薬局での種類は?民間療法もある?

しもやけになったら、痛くてかゆくて
場合によっては、靴が履けないほどはれたり
するときもありますよね。

そんなしもやけにつける薬を
病院で処方されるものから
薬局で販売されているものまで紹介いたします。

スポンサーリンク

病院で処方される薬は?

医者によって処方する薬は
異なると思いますが、ネット上で
こんな薬を戴いたというものを紹介いたします。

まず、しもやけになったら何科に行けば良いかというと
一般的には皮膚科となります。
そこで、処方されるであろう薬は以下となります。

  • ユベラ軟膏
  • ユベラ錠(ビタミンEの飲み薬)
  • ヒルドイド(ジェネリックではビーソフテン)
  • ヘパリンZ
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(漢方のみ薬)
  • アンテベートやリンデロン、ボアラなどのステロイド系の軟膏
  • カルナクリン錠(血流をよくする飲み薬)

などが処方されるようです。
また、これらの薬を調合したものや
しもやけの状態がひどい場合は、
ステロイド系の薬が処方されるようです。

しもやけ

薬局で販売されている薬は?

市販されている薬は、実に様々なものが
あります。効く効かないは度合や個人差なども
あると思いますが、しもやけの時に飲んだり塗ったりする
市販薬を紹介いたします。

  • 紫雲膏(しうんこう)
    (漢方製剤の外用薬で、火傷や外傷、ひび、あかぎれ、
    しもやけ、ただれ、かぶれなどに広く効果があります)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(漢方の薬)
  • ユースキン
    (有効成分にビタミンE、グリチルレチン酸を配合したボディクリーム)
  • オロナイン
    (グルコン酸ヘキシジン配合の皮膚疾患外傷治療剤)
  • 間宮アロエ軟膏
    (ひび、あかぎれ、しもやけ、切りきずの治療薬で日本で唯一のアロエ配合薬)
  • ヒビケア軟膏
    (繰り返し起きるパックリ割れた治りにくいひび・あかぎれやしもやけに使用)
  • ベルクリーンS
    (トウガラシチンキに、痛みやかゆみを止める成分を配合した軟膏)
  • ハイスキール
    (炎症を鎮めてかゆみを抑える)
  • ユベラリッチ
    (毛細血管の血行を促進するビタミンEが配合された薬)
  • ユベラックスα2(飲み薬)
    (末しょう神経障害の緩和)
  • ユベラックス300(飲み薬)
    (末梢血行障害による次の諸症状の緩和)
  • ネーブルサーモ(飲み薬)
    (ヘプロニカートとα型天然ビタミンEの2つのパワーで
    手先・足先の部分冷えに効果)
  • ベルクリーン錠
    (当帰四逆加呉茱萸生姜湯」という薬方)
  • ヒルドイド軟膏
    (個人輸入の場合のみ通販で購入可能)
  • アットノン
    (ヘパリン類似物質が配合されている)
  • ヒビプロ
    (血行促進、保湿、消炎作用があります)
  • フルコートf
    (ステロイド系の薬になります)
  • サロンパスなどの湿布系
    (血行促進、保湿、消炎作用があります)
  • メディータムひび・あかぎれ軟膏
    (ひどく割れたひび・かゆみの治療に)
  • 白ワセリン
    (保湿剤として使用。入浴後に塗ってからマッサージする)
  • メンターム
    (消炎作用、血行の改善、鎮痒作用などがあります)

などなど。

この中でかゆみを抑える薬としては、
ヒビケア軟膏、ベルクリーンS、ハイスキール
ディータムひび・あかぎれ軟膏、メンターム
などがあります。

また、血行を良くするという意味では、
ピップエレキバンなども効果があるといわれています。

いずれを買うにしても、
薬剤師さんに症状を説明したうえで
購入するようにしてください。
症状がひどい場合は、皮膚科の受診を勧められる
こともあります。

スポンサーリンク

民間療法では?

こちらでは、マッサージなどの予防法は
説明せずに、何かを摂取したりあてたり
といったような改善方法を紹介いたします。

しょうが、唐辛子などが含まれた料理を食べる
こうすることで、代謝がよくなり血行促進につながります。

ビタミンEの多く含まれている食材

  • 煎茶の茶葉
  • 唐辛子
  • アーモンド
  • 抹茶
  • なたね油
  • アンコウの肝
  • すじこ
  • いくら
  • かぼちゃ
  • 赤ピーマン
  • 大根の葉

などに多く含まれています。
ビタミンEには血管の拡張作用があるため、
摂取することで血行促進が期待できます。

ハッカ油や清涼油を塗る

これらを患部に塗ることで、清涼感により
しもやけのもっている熱を下げる効果があるようです。
ただし、ただれていたり、ひどいようなら使用しないように。

しょうがの煮汁で患部を温める

しょうがを摂取するのではなく、煮汁を患部につけて
手足を温めるという方法です。

長ネギの煮汁を塗る

長ネギには体を温める作用があります。
長ネギの煮汁を患部に塗ることによって
血行をよくしてしもやけを軽くするといわれています。

ほかにも、みょうがをすった汁や熱湯に唐辛子を入れて
冷ましたもの、ミカンの皮を黒くなるまで焼いたものを
すりつぶしてごま油と混ぜたものを
幹部に塗ると効果があるといわれています。

以上、しもやけに効くといわれている
薬の紹介でした。

基本的には、塗り薬やビタミンEの摂取、
マッサージなどで血行をよくして改善を
試みますが、どうしても耐えられない
などの場合は、速やかに病院に受診された方が
良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA