セラミックヒーターの電気代!エアコンとどっちがお得?

寒くなってくると暖房が必要になってきますよね。
でも、暖房といっても様々な種類があります。
こちらでは、セラミックヒーターの電気代について
細かく紹介しております。
また、エアコンと比べるとどっちが電気代がお得なのか?
についても紹介いたします。

スポンサーリンク

セラミックヒーターの電気代はどれくらいかかるの?

セラミックヒーター(セラミックファンヒーター)は
セラミックなどを使用した伝熱部に、ファンによる
送風をあてることで空気を暖めて、温風を出す
という仕組みの電気暖房器具で
スイッチを入れるとすぐに暖まるというのが
特徴です。

セラミックヒーター

電気代はワット数や時間、機種やメーカーによって
異なってきますが、メーカーはパナソニックと
シャープが新しい製品を出しているだけとなっています。

パナソニックのDS-FKX1205の場合

まずパナソニックの一番新しい製品を見ていきましょう。
2014年10/2現在で新しいものは、この型になります。

スペック

消費電力
温風「強」:1250/1220W(50/60Hz)
温風「弱」: 670/ 640W(50/60Hz)

定格
50Hz 1,250W
60Hz 1,220W

となっていますが、
仮に1時間つけたとしたら、電気代は、

  • 弱で約18.1円(50Hz時)
  • 強で約33.8円(50Hz時)

という感じになります。
24時間つけていたとしたら、

  • 弱で約434.4円
  • 強で約811.2円

まあ、つけっぱなしにする人は
いないでしょうから、
仮に1日に8時間つけて計算してみると、

  • 弱で約144.8円
  • 強で約270.4円

1か月(30日)毎日8時間つけたとしたら、

  • 弱で約4344円
  • 強で約8112円

電気代がかかる計算になります。

スポンサーリンク

シャープのHX-D120の場合

続いてシャープのプラズマクラスター搭載の
加湿セラミックファンヒーターの場合

スペック

消費電力(50Hz/60Hz)
強/強+加湿 1200W/1150W
弱/弱+加湿 650W/600W

となっています。
仮に1時間つけた場合は、

  • 弱で約17.6円/約16.2円(50Hz/60Hz)
  • 強で約32.4円/約31.1円

となります。

1日24時間つけたとしたら、

  • 弱で約422.4円/約388.8円(50Hz/60Hz)
  • 強で約777.6円/約746.4円

かかることになります。

1日に8時間つけたとして1か月(30日)使用した場合は、

  • 弱で約4224円/約3888円(50Hz/60Hz)
  • 強で約7776円/約7464円

この程度かかることになります。

現在の最新のものを紹介しましたが、
他のセラミックファンヒーターも
似たような料金が発生します。

エアコンはどれくらいかかるの?

エアコンの場合は、6~7畳用のものであれば、
急速運転後通常運転に切り替えられるもので
最大1000Wで計算すると
1時間あたり約15円かかります。
部屋の温度や室内の設定温度、外気温、住んでいる場所によって
変わってきますのであくまでも目安です。

仮に、このままの条件で24時間つけっぱなしにすると
約360円

1日8時間で1か月(30日)つけたとしたら、
約3600円程度かかります。

まとめ

上記を見てもわかるように、
電気代はエアコンと比べてセラミックヒーターは
倍程度高くなってしまいます。

もしメインで使われるのでしたら、
エアコンの方が断然お得です。

セラミックヒーターの使用は、
持ち運びしやすいため、
エアコンの設置が難しいような部屋
トイレや脱衣所などに置いて使用する
といった形が一番良いかと思います。

スイッチを入れたらすぐに暖まりますので、
こういった使い方が良いかと思いますよ。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.