京都駅から三十三間堂へのアクセス!おすすめの行き方は?

三十三間堂といえば、1,000体以上の
仏像で有名ですが、
京都駅からの行き方は、バスがいいのか?
電車がいいのか?
タクシーだとどれくらいかかるのか?
徒歩でもいけるのかなどいろいろと
調べてみました!!

スポンサーリンク

バスでの行き方は?

京都駅前のバスターミナルの
D1乗り場から出る100系統のバスに乗り、
2番目の停留所「博物館三十三間堂前」で
下車します。
下車後目の前が三十三間堂の敷地ですので
迷うことはありませんが、入り口までは2~3分程度
歩く形になります。
所要時間はおよそ20分程度、料金は230円です。

もしくは、C1乗り場、D2乗り場から出る
208系統のバスに乗り、
4番目の停留所「博物館三十三間堂前」で下車します。

または、A3、D2乗り場から出る、
206系統に乗り、「博物館三十三間堂前」で下車します。

おすすめとしては、バスの本数の関係上
100系統のバスに乗るのが良いでしょう。

三十三間堂

電車で行く場合は?

京都駅から8・9・10番乗り場の
奈良線奈良方面行に乗り、
1駅目の東福寺で京阪本線に
乗り換えます。

東福寺ではJRと京阪が同じ駅なので、
改札口を出る必要はありません。

京阪本線の出町柳方面の電車に乗り、
1駅目の「七条」で下車します。
所要時間は、5~10分程度、料金は270円です。

七条下車後、七条通をまっすぐ歩いて進めば、
三十三間堂が見えてきます。

距離はおよそ700mで時間は8~9分程度で
到着します。

タクシーで行く場合は?

京都駅前より出ているタクシーに乗り、
時間にしておよそ10分程度。
料金は800円程度となります。

徒歩で行く場合は?

徒歩で行く場合は、
距離はおよそ1.9km、時間にして
20~30分程度かかるかと思います。

京都駅より京都タワーが見える方に出て
右側(川原町通りのある方向)
塩小路通を直進します。

直進していると途中
鴨川の橋が見えてきますが、
そこもひたすら直進します。
すると三十三間堂の敷地が見えてきますので、
敷地沿いに左折すると入り口が見えてきます。

まとめ

直接行く場合は、
市バスの利用が一番簡単です。

電車で行く場合は、
提案なんですが、
奈良線で稲荷駅まで行き
伏見大社により、その後東福寺に行き、
そして三十三間堂へ向かうということも
可能になります。

電車で直接三十三間堂に向かう場合となると、
乗り換えが必要になりますし、下車後の
歩く距離が増えてしまいますので、
この場合は、バスが良い顔ともいます。

徒歩で行かれる場合は、
京都の街並みが見れて良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA