インフルエンザにかかった時のお風呂!いつから入れるの?

インフルエンザにかかりしばらくお風呂は
お預け。こうなると髪の毛も体も気持ち悪くて
早くお風呂に入りたいですよね?

でも、お風呂っていつから入ってもいいのでしょうか?
徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

熱が下がったらOK?

一般的には熱が下がったらお風呂に入っても良い
という意見が多いです。
ですが、熱が下がっても食欲がなかったり、
しんどい、ぐったりとしてるような場合は、
お風呂には入らないようにしましょう。
そもそもぐったりとしてるような場合は、
お風呂に入る気もないかと思いますが。

熱が下がるというのは、
完全に下がりきってからというものではなく
微熱が残っていても、体がしんどくなければ
お風呂に入っても良いようです。
参照:赤尾ファミリークリニック

お風呂

なぜお風呂に入ってはいけないといわれているのか?

病気の時にお風呂に入ってはダメと言われているのは、
熱があるからということではなく、
お風呂は体力を消耗するため、
そうなると、安静にして病気と闘っているのに
体力が消耗することにより思う存分闘えなくなります。

なので、体力があればお風呂に入っても良い
ということになります。
その目安として熱が下がってからといわれています。

インフルエンザは、普通の風邪と違い
体力の消耗が激しい病気です。
ですので、無理はしないように!

お風呂に入る時の注意点

お風呂に入る際の注意点としては、
湯船に長時間浸かると
運動した時のように体力が消耗しますので、
長湯は避けてください。

冬場ですと脱衣所が寒いかと思いますので、
暖房を入れたりして脱衣所は暖かくしておきましょう。

入浴後は湯冷めしないように体をしっかりと温めて
髪の毛もドライヤーなどで早めに乾かすようにしましょう。

また、お風呂に入ると水分が奪われますので、
しっかりと水分補給するようにしましょう。

入浴後はシャワーであっても
やはり体力は消耗しますので、
布団に入り安静にしましょう。

湯船に入るとシャワー以上に体力は消耗しますので、
一番良いのは、湯冷めしない環境を作って
さっとシャワーを浴びて出るということです。

もし湯冷めしない環境を作ることが
難しいようであれば、
湯船は短めに、さっと温まってできる限り
湯冷めしないようにすることが望ましいでしょう。

まとめ

お風呂に入っても良いかどうか?
また、いつからお風呂に入れるかは、
熱が下がって、しんどくなく食事もしっかりと
摂れるようになってから。
つまり、体力が戻ってから入るのが
望ましいでしょう。

くれぐれも長湯したり、
湯冷めしないように注意しましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA