子供に刺身やお寿司は何歳から食べさせても大丈夫?

5歳になる私の子供にお刺身をもらったときや
回転寿司を食べに行った時などに
食べさせることがあるのですが、
ふと、そういった生ものって何歳から
食べさせてもいいのだろうか?と疑問になったので、
とことん調べてみました。

スポンサーリンク

何歳から食べさせてもいいの?

本によっては、3歳あたりからな大丈夫。
7~8歳くらいになるまではやめておいた方が良いと
書いてあることにばらつきがあったので、
食品安全委員会に問い合わせてみたところ
刺身やお寿司などの生の魚は、何歳以上から
食べてもいい、何歳以下ならダメといった
規定のようなものはないが、赤ちゃんに食べさせるのは
食中毒や寄生虫などの危険性があるため
食べさせない方が良い。

具体的に何歳くらいからということは
言われませんでしたが
ある程度子供がそれを理解して食べるように
なってからでいいのではないか?
という見解でした。

なので、何歳から食べさせるのか?については
個人の考えによっても異なるということです。

刺身

小さい子供は食中毒になりやすい

小さい子供は抵抗力が大人と比べて
少ないため、大人は大丈夫であっても
小さい子供は下痢嘔吐に見舞われたり、
大人なら下痢や嘔吐で済むレベルでも
子供の場合、重症化するということはあります。

消化に関していえば
1歳半過ぎになると消化器官は
大人に近づくようですが、アメリカの医師は
離乳食の蛋白質は2歳までの赤ちゃんに
食べさせない方が良いとされていますので、
蛋白質である刺身やお寿司などは、2歳までは
食べさせるべきではないことがうかがえます。
参照:西原式育児法

とはいえ、消化と食中毒は異なります。
日本のある小児科医によると
刺身やお寿司などの生のものは小学校に
上がるまでは食べさせない方が良いという
意見もありますので、早い段階から
与えない方がリスクは軽減されるというのは、
間違いないでしょう。

スポンサーリンク

みんなは何歳から食べさせているの?

ネットで調べてみた結果、早い方ですと
2~3歳から食べさせている方がおられますが、
5歳前後から食べさせているという方が
非常に多くおられました。

また、意見としてイカやタコなどの硬いもの、
噛み切りにくいものや、貝類やサバなどの青魚は
あたりやすいので、食べさせないという方も
多くおられました。

用心される方は、小学校に上がってからという方も
おられましたが、大体あれ食べたいこれ食べたいというのが
わかる年齢というのが一つの目安のようです。

大人と同じような胃になるのは何歳?

調べていて気になったことですが、
子供の胃が大人のと同じように抵抗力などの
機能を持つのは何歳なのか?ということです。

これは、個人差があるようですが
だいたい7歳前後と言われているようです。
なので、慎重にいきたい方は
学童期に入ってからが良いかと思います。

結論

結論としては、個人の考え方によって
変わってくるものの、2~3歳よりも
4~5歳。4~5歳よりも6~7歳と年齢を
重ねた方が食中毒などのリスクは軽減される
ということです。
もちろん大人でも食中毒にかかるので、
絶対安全というわけではありません。

もし、2~3歳から食べさせるのであれば、
あたりやすい貝類やサバなどの青魚、
そして噛み切りにくいイカやタコなどは
控えるようにしてマグロなどの柔らかいものに
することと、新鮮なものを与えるようにすると
良いのかな?と思いますが、
私としては慎重派になるのかわかりませんが、
5歳あたりで食べさせるようにした方が良いという
考えです。

より慎重にいくのであれば、先ほども書いたように
学童期に入ってからの方が良いかと思います。

また、初めて食べさせる時は、魚類・魚介類の生ものの場合
アレルギーがあるといけないので、少量を試しに与えてみたり、
アレルギー体質の子の場合は、
あらかじめ病院でアレルギー検査を
行なった方が無難かもしれません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.