授乳中にお寿司は食べてもいいの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中はお寿司などの生ものは控えるように
言われたり、マグロなどの食べ過ぎは
注意するよう言われたりしますが、
授乳期においてはどうなのでしょうか?
母乳を介し赤ちゃんに何か影響があったり
するのでしょうか?
気になったのでとことん調べてみました。

スポンサーリンク

授乳中にお寿司は食べてもいいの?

出産祝い膳として産婦人科の食事で
刺身など生ものが出たりしますので、
基本的には問題ありません。

マグロには他の魚と比べて
水銀が含まれている可能性が高いとして
妊娠中には摂取量が制限されていますが、
授乳中には母乳を介して水銀が
赤ちゃんに移行する水銀量は低いことが
示されているので、厚生労働省の注意事項にも
対象外とされていますので、
気にする必要はありません。
参照:厚生労働省 授乳中の魚介類摂取について

なので、気にせずいろんなネタを食べて楽しんでください。
ですが、古くなったものなどは食中毒になる恐れが
あるので、食べないようにしてくださいね。

お寿司

お寿司を食べて食中毒になった場合赤ちゃんにもうつる?

日本において、お寿司を食べて食中毒になる確率は
全体的には少ないとはいえ、発生しています。

その原因は細菌だったりウイルスだったりしますが、
母乳を介してその細菌やウイルスが赤ちゃんに移行して
赤ちゃんも食中毒になるということはありません。

ですが、ノロウイルスなどは母乳から移行して移らなくても、
母親の手についていたりして、何らかの形で赤ちゃんの口に
入ってしまった場合は感染してしまいますので、
トイレの後などは徹底した手洗い、念のためマスクも
しておくとよいかと思います。

食中毒になった場合、薬は飲めるの?

食中毒の中には
授乳中に薬は確かに制限されてしまいます。
そのため、授乳中には寿司だけでなく生ものは
控えるように言われることがあります。

ですが、授乳期においても、使用できる薬は
たくさんありますので、生ものを多少控えたとしても、
徹底して避けるということまでは良質なタンパク質やDHAやEPAなどの
栄養摂取の損失につながりますので、しなくてもよいかと思います。

スポンサーリンク

お寿司のネタで気を付けることは?

お寿司のネタは授乳中だからといって
食べてはいけないというものはないのですが、
強いてあげるなら、
イクラなどの魚卵は食べ過ぎると
脂肪分が多いため、乳腺炎になることがあるため、
食べすぎには注意することと、
トロなどの脂肪分の多いものも、やはり乳腺炎に
なることがあるため、そのようなものを食べて
乳腺炎になったことがあるのならば、控えること。

古くなったお寿司や刺身などは食中毒の
危険性が高くなるため食べないようにすること。

また、牡蠣からノロウイルスになるということも
時々聞きますので、気になる方は牡蠣は食べないようにすること。

サバやサンマ、アジなどの青魚を食べて
赤ちゃんに発赤や湿疹、じんましんなどができるような場合は、
赤ちゃんに青魚のアレルギーがある可能性があるため、
そのような場合は摂取を控えましょう。
魚アレルギーの場合も同様です。

このあたりに注意すれば、特に問題はないかと思います。


まとめ

妊娠中とは違い授乳期は摂取を控えた方が良いと
いわれる食べ物はあるものの、食べてはいけない食べ物は
基本的にありません。過剰摂取となると別問題になりますが。

ですので、お寿司は生ものだからといって、
極端に避けたりせず美味しくいただくことによって
母親のストレス解消にもつながりますし、
タンパク質やDHA、EPAなどの栄養も
摂取できますので、適度に食べても良いかと思います。

ただし、古くなったようなものや保存状態が悪いようなものは
食べないようにしてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す



CAPTCHA