授乳中のロキソニンを服用してもいいの?赤ちゃんへの影響は?

授乳中に頭痛などに見舞われたとき、市販でも販売されている
ロキソニンを飲みたくなる時ってありますよね?
しかし、授乳中に母体がロキソニンを服用してもよいのでしょうか?
赤ちゃんにはどういった影響がでるのかについても
徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

授乳中にロキソニンを服用してもいいの?

ロキソニンは、質問サイトなどを見てみると、
出産後に処方されている方がたくさんおられ、
長期間飲まなければ大丈夫と医師に言われた方も
おられます。

ロキソニンは母乳にほとんど移行しなく、
薬を飲んでからその成分の半減期は平均75分と短いため
一応授乳中でも服用して大丈夫とされているようですが、
生後何か月なのか?や母体の状態、赤ちゃんに移行する成分のことを
考えて、医師によっては、ロキソニンではなくカロナールを
処方される医師もおられます。

また、医師によっては、ロキソニンを服用した場合は
授乳を半日中断するように指示される医師もおられます。

ロキソニン

ちなみに、第一三共に電話で問い合わせたところ、
半減期が平均で75分程度で、体から成分が抜けるのが
その5~6倍ということなので、1回1錠飲まれたのであれば、
おおむね8時間は授乳を控えて、なおかつ最初の母乳は搾乳してから
授乳を始めると良いとのことでした。

それまでの間は、粉ミルクで対応するなどして
母乳は与えないようにとのことでした。

※半減期が75分というのは平均的なもので、
体に残る人は、半減期が75分+1.05hとされているようで、
長い場合半減期が2時間半程度という方もおられるようです。

一つ言えることはロキソニンSは自己判断での服用となりますが、
授乳中は自己判断でロキソニンなどの薬を服用しないことです。
ロキソニンSの説明にも書かれていますが、
必ず医師または薬剤師の方に相談してください。

ちなみに、処方されるロキソニンと、市販のロキソニンSの成分は
一緒とのことなので、市販で販売されているから
病院で処方されるものよりも成分は少ないという
判断はしないでください。

また、上記のことは
第一三共に問い合わせて聞いたことなのですが、
これは、参考程度にとどめておき、
詳しくは医師や薬剤師の方に相談してください。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの影響は?

今のところ、赤ちゃんに何か影響が
出たという報告はないようですが、
新生児、乳児などに対する安全性は確立していないとのことです。
またラット実験では、乳汁中への移行が報告されているようです。
参照:PMDA添付文書-ロキソニン

ロキソニンを飲むタイミングは?

ロキソニンを飲むタイミングは、授乳直後に飲むようにし
空腹時ですと胃を荒らす恐れがあるので、
何か口にしてから飲まれたり、胃薬と一緒に
飲まれると良いかと思います。
また、上記にも書きましたが成分が抜けるまでの
平均8時間程度は、授乳は中断し最初の母乳は
搾乳してから授乳をすると、より安心かと思います。


まとめ

質問サイトを見てみると、意見として
授乳中に病院で処方されたから大丈夫という
書き込みなどがありますが、これを鵜呑みにして
自己判断でロキソニンを服用するといったことは
しないようにしましょう。
母乳を介して赤ちゃんに少なからず成分が移行すること、
その成分で何か影響が出たという報告はないにしろ
安全性が確立されていないことなどを踏まえると
やはり薬剤師の方や医師の指示に従った方が
良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.